アメコブログ

アメ子botに関する、様々な忘備録です。レポートとか、イラストなど。駄文注意!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あー、まったくついてねえ……。(Okay...this looks bad.)」
マーベル『ホークアイ』誌は、こんなぼやきからはじまります。

IMG_1888.png

映画版でもおなじみになった、このシーン。
しかし、思えばホークアイにスーパーパワーはありません。
神様のアイテムも、アーマーも、ヒーリングパワーもないのです。
結果、

IMG_1889.png

大怪我です。
これ、連載開始の第1話、2ページ目ですよ……。
このように、新連載の『ホークアイ』誌は、あまりヒーローしていません。
「俺はアベンジャーズなんかじぇねえよ」と悪態をつきながら、
無理な任務をこなしていくのです。

この作品の魅力。それは主人公バートンのハーフボイルドな性格にあります。

何しろこの人、よく捕まります。
タイマンなら負けることもないのですが、群れに囲まれたら、為す術もないのです。

IMG_1895.png

それでも、ユーモアは忘れません。マダムに股間を漁らせるバートン♪
とぼけながらも、ある程度に任務はこなします。
待っているのはほろ苦い結末だったりするのですが……。

いやー、ハーフボイルドですよ。

hawkeye3sample.jpg

そんな彼の相棒は、やはり「ホークアイ」を名乗るケイト・ビショップちゃん。
ダメな師匠を持ちながら、いざという時、頼りになります♪

それにしても、面白いアートですよね。他のアメコミとは少し違います。
『ホークアイ』誌のもう一つ魅力は、やはりこのセンス溢れるアートです。

例えばこれ。

IMG_1899.png

まるでファミコン!
ディフォルメの具合もいい感じです。
こんな感じで、シナリオとアートのリズムが、とても気持ちいいのです。

IMG_1898.png

この奇妙な形の擬音……♪
平面的な画面が、立体に変わる一瞬です。
「奇襲」をアートで見せる、見事な演出!

もちろん、笑いも忘れません。

IMG_1892.png

ナニしてるんですか、バートンさん!

まったく、何が飛び出すかわかりません♪

シナリオはかなりしっかりしています。
バートンは毎回、嫌々ながらもしっかりヒーローしています。
名も知らない犬のために、マフィアと喧嘩をする無茶ですっぷり……。

「強くなければ、生きていけない。優しくなければ、生きていく資格はない」

こんな生き様を、地で行くホークアイさんは、とても魅力的です。

IMG_1897.png

「まったく、ついてない……」

クリント・バートンは、今日もぼやきながら、シールドで悪と戦い続けるのでした。

2012年のアメコミランキングで、この『ホークアイ』誌はやはり上位でした。
(人気と売上が比例するわけでもないのですが……)
数あるあ映画『アベンジャーズ』のメンバーのコミックスで、
一番面白くなったのが、この『ホークアイ』誌だと思います。

単行本は、近日アマゾンで買えます。
電子書籍でリーフを買っても、あまり変わらない値段ですね。
とにかく、面白さは折り紙つきです♪
「楽しい原著が読みたい!」という人には、真っ先にオススメできます♪
興味がある人は、是非!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。