アメコブログ

アメ子botに関する、様々な忘備録です。レポートとか、イラストなど。駄文注意!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はい、みなさん。『マン・オブ・スティール』ご覧になりましたでしょうか?

3107813-5271414131-Man-of.jpeg

……さいっこうっでしたね!!!!

いやあ、すごかったー。文句なしです。
あそこまで壊してもらえれば、メトロポリス市民も満足でしょう。
ぶっちゃけ、ゴッサムよりひどいめにあってたよね?

さて、ここから少し話題は固くなりますが、この映画、

古代ローマ史を知っていると、より理解が深まります。

Rome.jpg


まあ、これは『マン・オブ・スティール』だけではなく、
アメリカ発の作品全般に言えることではありますが……。

とりあえず、ざっくりと説明を開始しちゃいましょう。

古代ローマ史は、おもいっきり大雑把に書くと、下のような感じになります。

紀元前753年に、イタリア半島の都市国家としてスタート。当時は王政。

紀元前509年から共和制に移行。後にイタリア半島を制圧。

地中海周辺の国家を属州として取り込みながら拡大。
漫画『ドリフターズ』で有名な、スキピオとハンニバルが戦ったのが、この頃。

紀元前27年、帝政に移行。

五賢帝時代に、最も多くの属州を持ち、絶頂期を迎える。
漫画『テルマエ・ロマエ』が、この頃のお話。

フン族大暴れにより、ゲルマン民族の大移動開始。
ローマ帝国は東西に分かれ、徐々に衰退していく。

紀元476年、西ローマ帝国、消えるように滅亡
世界史では、ここを境に古代→中世となる。

紀元1453年、東ローマ帝国(ビザンティン帝国とも)、滅亡。

うん、我ながら、すげー雑把だ。
でも覚えておいて損はないハズ。

実は、この古代ローマ史を下敷きした、超有名な映画があります。

『スターウォーズ』です。

star_wars.jpg


『エピソード1』の頃、宇宙は共和制で治められていました。
それが、クローン戦争を境に、中央に権力が集まり、『エピソード3』帝政に移行します。
そして、『エピソード4』から『6』で、帝政は打ち破られるわけですね。

なぜ、『スターウォーズ』帝政ローマを悪者として書いたかといいますと、
現在のアメリカの理想が、共和制ローマにあるからです。

map.jpg


アメリカは移民の国です。実に多くの人種が、それぞれの街に暮らしています。
多くの属州を持ちながら、合議で政治をすすめた共和制ローマは、まさにアメリカの目指す国家なのです。
ゆえに、帝政ローマ悪役とされ、滅ぼされる運命にあるのでした。

さて、ここで『マン・オブ・スティール』に話を戻しましょう。
あの映画で、古代ローマ史と重なるところといえば……?

クリプトン星の歴史です。

crypton.jpg


クリプトン星が滅びる過程は、帝政ローマが滅びるさまとよく似ています。

クリプトン星は、高度な科学力を持ち、宇宙に多くの植民星(属州)を持っていました。

しかし、人口抑制・減少のため、徐々に衰退

ついに、星が枯渇し滅亡

となるのです。

そして、主人公のスーパーマンは、物語中で人生の選択を迫られます。
かつてのクリプトン星(帝政ローマ)か、現在のアメリカ(共和制ローマ)か。

manof.jpg


アメリカという国は、常に自国が帝政ローマ化しないか、危惧しています。
ゆえに、権力は大統領に集中させながら、上院・下院の二院制をとり、チェックの機関も多くあります。

今作で、スーパーマンが選んだ決断は、アメリカの理想像と見ることができるでしょう。

ふええ、疲れた……。
なんか堅苦しいレビューですいませんです。
でもまあ、こういう見方もあるんだよーということで、いちおう書いてみましたです。

まあ、一番楽しいところは、やっぱり戦闘シーンでしたけどね。
どんな映画だってそうだい!

以上、終わりーっ♪
スポンサーサイト
えー、先日ネイキッド・ロフトで行われたアメコミnight!! のレポート書きまーす。
これが、昼と夜をぶっちぎってのダブルヘッダーでしてね。

つかれた……。

私の体力はすでにボトム。やっぱり開催は、日を分けてもらえるとありがたいなあ。

とりあえず、レポート
前半は、新作映画『マン・オブ・スティール』を肴に、ネタバレ無しでトークであります。
司会は、バンキルポンのスーパーログさんでした。
かなり良い進行でしたよ。

hajime

そしてゲストは、ダンテ・カーヴァーお兄ちゃんと、緒川凛さん!

dantesan

これがもう、凛さんのスーパーマンフリークっぷりに、

皆が終始圧倒されっぱなしになるという、すげー舞台でした!

なんというか、

「日本には、まだこんな人がいたのか!」

という衝撃!

ハンパじゃないスーパーマン愛! こういうのは聞いてて気持ちいいです。
尊敬します!

rinchan

撮影会、始まっちゃうしね!

とてもアメコミnight! とは思えん光景が……。
あー、早く『マン・オブ・スティール』観たいーっ!

……あ、ダンテお兄ちゃんはコミコン会場で、コトブキヤさんの売り子をしていたらしいです。

で、夜はそのコミコン自慢会

mandan

司会進行はリタ・ジェイさんにバトンタッチ。なぜか、アメコミ講談『バットマン』を披露。
(最近の「オリジンはあっさり語るべき」論議に、一石を投じるかのように!)

しかし、14歳美少女漫画家濱元隆輔先生が急病で来られなくなるアクシデントが発生!

zenin

そこで、自然と話題は

濵元先生がいかにアメリカでいじられていたか

という部分に収斂していくことになったわけです。

まとめると、

・濱元先生、角のついた赤い帽子をかぶっており、すれ違うアメリカ人の笑いのツボを押しまくる。
・濱元先生、ウルヴァリンのパーカーを着て写真をとられる時、爪がでないので、手で「ニャー」とする。
・濵元先生、赤い帽子を外していると、「お前、赤い帽子かぶってたキ○ガイだろ」とアメリカ人に声をかけられる。

などなど。

言いたい放題!!

スピさんは例年通り、コミコン最大会場のホールHへ入るため、朝の二時から行列に並んでいたそうです。
仕事とはいえ、すげえ。

その他、誰でも一度は行きたくなるギーク情報満載のお土産話をなされたのでした。
行きたい、いつか行きたい。

絶対行ってやるー!

figyuaaa

あと、このコトブキヤさんのフィギュア。
マントが自由に動かせて、いい出来でした♪
はーい、『パシフィック・リム』観た―?

観た? 観たよね! そりゃそうだ、観ますよ♪

いやあ、面白かったーっ!

必殺技の名前を叫びながら繰り出すとか、もう本当に素晴らしいです♪
すげえ。こりゃ、すげえよ。
とにかくIMAX3D日本語吹き替え版(椅子振動装置のおまけつき)で観て、大正解!
観るコックピットでしたよ。ホント。

一方、期待値MAXで観た人には、「ドラマが弱い」とか「脚本が穴だらけ」など、

些細なモヤモヤが胸に残る仕上がりでもあるようです。

はい。実は私も少し気になったところはありました。
キャラクターが個性的な割に、過去の背景があまり語られていなかったりなど、デル・トロ監督らしくないなーと。
あとは、核の問題とかね。

そこで、ここでは『パシフィック・リム』の細かい設定が載っている本を二冊ご紹介したいと思います。
……いや、本当に読んでおいたほうがいいってば。

まず、これ。ノベライズ版『パシフィック・リム』!



角川書店さんより、発売中です。Kindleなどの電子版でも買えます。
これを読むと、作中の疑問は、ほとんど氷解します!

たとえば、ハーキュリーズ親子の過去
ハンセンはシドニーでの怪獣襲来で、妻を亡くしていることがわかります。
しかも、怪獣にやられたのか、核ミサイルで死んだのか、正確な死因が不明ということも。
どうもこのことが、息子・チャールズの性格形成に、大きく影響したようです。
それで、なんか嫌味なキャラになったのですね。
こればっかりは、映画だけではわかりません。

こんな貴重な情報が、このノベライズには大量に入っています!

マコ・モリの祖父が種子島の刀鍛冶だったりとか。
マコの聞いている音楽が「シブヤ・ポップ」(昔の渋谷系かな?)だったりとか。
コヨーテ・タンゴの動力システムが「イソ―トール コリジョン・チャンバー」(なにそれ?)だったりとか。

すでにプレミア値で一万円を超えてしまった『パシフィック・リム ビジュアルガイド』より、本編の情報はずっと多いです。



両方読み比べた私は、そう判断しました!

それにしても、3000部限定は少ないよねえ……。

そして、もう一冊の副読本は、コレ!

『Pacific Rim: Tales From Year Zero』



アメコミ版『パシフィック・リム』です。
原書でも買えますし、comiXlogyには電子版もあります。

この本には、主に怪獣上陸から、イェーガープロジェクト立ち上げまでが描かれています。
やはり、貴重なエピソードが目白押しです。

司令官の妹が、サンフランシスコに上陸した初の怪獣に戦闘機で挑み、戦死していたりとか。
テンドーがカンファレンスで巨大ロボット案を出していたりとか。
ドリフト使って、エロいことしてたりとか。

概ね、この二冊。
ノベライズ版アメコミ版を読めば、裏設定はほぼ判ると思います。
「ドラマに納得がいかなかった」という人は、是非♪

とりあえず私は、上記二冊から判る『パシフィック・リム』年表を作ってみました。
   ↓                    ↓                   ↓

2013年 8月11日:7時、サンフランシスコに怪獣「トレスパサー」出現。三発の核ミサイルで撃退。以後、ベイエリアは居住不可能となる

2014年 ?月 ?日:二体目の怪獣が襲来。核ミサイルで撃退
2014年 9月15日:カンファレンスにおいて、ジャスパー・スコエンフェルド博士が巨大ロボットによる怪獣撃退を提案
2014年11月 9日:PPDCにより、第一世代イェーガー建造が着手される

2015年 1月30日:第一世代イェーガー、起動実験開始
2015年 2月18日:イェーガー実験中、人類初のドリフトに成功
2015年 3月 2日:スタッカー・ペントコストがPPDCイェーガープロジェクトに着任
2015年 4月23日:バンクーバーに怪獣が襲来。第一世代イェーガーにより撃退
2015年 5月28日:ハーマン・ゴットリーブ博士がPPDC巨大生命体科学部門に着任
2015年 9月 2日:シドニーに怪獣が襲来。二発の核ミサイルで撃退。ハーキュリーズ・ハンセンの妻が死亡
2015年 ?月 ?日:この年、香港に怪獣が襲来。核ミサイルで撃退。以後、ボーンスラムが形成される
2015年 ?月 ?日:イェーガーアカデミーが開校
2015年11月25日:香港にシャッタードームが完成
2015年11月28日:ハーキュリーズ・ハンセンがPPDCレンジャー部隊に入隊
2015年12月30日:コヨーテ・タンゴが始動。十四ヶ月で完成

2016年 5月15日:東京に怪獣「オニババ」が襲来。コヨーテ・タンゴにより撃退。ペントコスト被爆
2016年 ?月 ?日:スタッカー・ペントコストがPPDC司令官に着任する
2016年 6月21日:マコ・モリやバケット兄弟がイェーガーアカデミーに入学
2016年 8月 7日:ニュートン・ガイズラ―博士がPPDC巨大生命体科学部門に着任
2016年 8月 9日:リマにシャッタードームが完成
2016年11月23日:アンカレッジにシャッタードーム完成
2016年12月 4日:ウラジオストクにシャッタードームが完成
2016年12月15日:東京にシャッタードームが完成

2017年 3月22日:マークⅢイェーガーの内部頭部枠にパイロットの安全システムが取り付けられる
2017年 5月25日:シドニーにシャッタードームが完成
2017年 7月10日:ロサンゼルスに怪獣「LA-17 ヤマアラシ」が襲来、ジプシー・デンジャーにより撃退
2017年 7月11日:ロサンゼルスにシャッタードームが完成
2017年11月23日:パナマ・シティにシャッタードームが完成

2018年 5月20日:プエルト・サンノゼに怪獣「PSJ-18」が襲来、ジプシー・デンジャーにより撃退
2018年 7月 4日:チェルノ・アルファが始動
2018年 8月22日:クリムゾン・タイフーンが始動
2018年11月 6日:オホーツク海に怪獣「レイス」が襲来、チェルノ・アルファにより撃退

2019年 4月12日:大坂に怪獣「OS-19」が襲来、クリムゾン・タイフーン、チェルノ・アルファにより撃退
2019年 7月22日:サンディエゴに怪獣「SD-19 クロウフック」が襲来、ジプシー・デンジャーにより撃退
2019年11月 2日:ストライカー・エウレカが始動
2019年12月 6日:マニラに怪獣「MN-19」が襲来、ストライカー・エウレカ、ジプシー・デンジャーにより撃退

2020年 2月29日:アンカレッジに怪獣「AK-20 ナイフヘッド」が襲来、ジプシー・デンジャーにより撃退。ヤンシー・バケット戦死
2020年 3月 4日:マコ・モリがPPDCレンジャー部隊に入隊
2020年 4月17日:国際連合がイェーガー・プロジェクトの段階的終結を決定。環太平洋防衛の優先順位を、海岸線の防衛と再定住へと移行する
2020年 5月25日:ホーチミン市に怪獣「HC-20」が襲来、クリムゾン・タイフーン、チェルノ・アルファ、ストライカー・エウレカにより撃退
2020年11月10日:ソウルに怪獣「アティコン」が襲来、チェルノ・アルファにより撃退

2021年 1月 2日:バンコクに怪獣「ヒドイ」が襲来、クリムゾン・タイフーンにより撃退
2021年10月 9日:ハワイに怪獣「セラマンダー」が襲来、コヨーテ・タンゴ、ストライカー・エウレカにより撃退

2022年 9月 7日:シナ海に怪獣「テンタラス」が襲来、クリムゾン・タイフーンにより撃退
2022年 1月31日:メルボルンに怪獣「スパインジャッカル」が襲来、ストライカー・エウレカにより撃退
2022年 7月24日:ミンダナオに怪獣「トーラックス」が襲来、ストライカー・エウレカにより撃退
2022年11月 6日:コヨーテ・タンゴが任務終了。セント・ローレンス島で破壊される

2023年 6月21日:ジプシー・デンジャーが、マークⅢ再生プロジェクトにより、香港シャタードームに移送
2023年 ?月 ?日:この年、二体の怪獣が襲来

2024年 1月 2日:上海に怪獣「SH-24」が襲来、クリムゾン・タイフーンにより撃退
2024年 4月 7日:カムチャッカに怪獣「KM-24」が襲来、チェルノ・アルファにより撃退
2024年 7月24日:ポート・モレスビーに怪獣「ボーンスクイッド」が襲来、ストライカー・エウレカにより撃退
2024年 8月13日:台北に怪獣「ビアンタル」が襲来、クリムゾン・タイフーンにより撃退
2024年 8月28日:オークランドに怪獣「ハウンド」が襲来、ストライカー・エウレカにより撃退
2024年 9月14日:クイーン・シャーロット海峡に怪獣「タラナイス」が襲来、チェルノ・アルファにより撃退
2024年 9月25日:ブリスベンに怪獣「ライクニッド」が襲来、ストライカー・エウレカにより撃退
2024年10月 4日:クーチングに怪獣「KC-24」が襲来、ストライカー・エウレカにより撃退
2024年10月12日:アンカレッジのシャッタードームが閉鎖。コディアック島のアカデミー施設とともに民間に譲渡
2024年10月18日:リマのシャッタードームが閉鎖。ペルー政府に譲渡
2024年12月29日:東京のシャッタードームが閉鎖。民間企業に払い下げ
2024年11月23日:パナマ・シティのシャッタードームが閉鎖。中央および南アメリカ政府合同怪獣対策機関に譲渡
2024年11月30日:渤海に怪獣「コージヤマ」が襲来、クリムゾン・タイフーン、ストライカー・エウレカにより撃退
2024年12月11日:ウラジオストクのシャッタードームが閉鎖。制空権と引き換えにロシア政府に譲渡
2024年12月20日:ロサンゼルスのシャッタードームが閉鎖。ロングビーチ対怪獣防壁の一部に包含
2024年12月29日:シドニーのシャッタードームが閉鎖。処分未定

2025年 1月 2日:シドニーに怪獣「ムータヴォ―」が襲来、ストライカー・エウレカにより撃退
2025年 1月 3日:ローリー・バケットが復帰。香港のシャタードームに到着する
2025年 1月 4日:香港に怪獣「HK-24A レザーバック」および「HK-25B オオタチ」が襲来、ジプシー・デンジャーにより撃退
2025年 1月 5日:ピットフォール作戦、開始
2025年 3月 1日:ピットフォール作戦の任務報告

はひい、疲れた……。
ほら、やっぱりすごい情報量だった!

やっぱりすごいぜ、『パシフィック・リム』!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。