アメコブログ

アメ子botに関する、様々な忘備録です。レポートとか、イラストなど。駄文注意!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えーと。
以下、完全にネタバレなので、現行のマーベル連載ラインに追いつきたい人だけ、読んでください♪

さて、アベンジャーズからアメコミに入った人にとって、ロキたんはこのような人物です。

waruloki

いわゆるヴィラン。しかも大物。
カタツムリみたいな角が特徴であります。

ところが、現在のロキたんがこれ。

tensiloki

……天使じゃねえか!

「お前、何があったんだ?」と思う人も多いでしょう。
では、解説いたします。マーベル正史における、最近のロキたんの流れです。

ことは2010年の大型クロスオーバー「シージ」に始まります。
いや、これが本当に大事件だったのです。
細かい経緯は省きますが、オズボーンがアスガルドを総攻撃して、ソーが大ピンチに陥ります。
そこに、キャプテン・アメリカをはじめ、多くのヒーローが駆けつけます。
ところが、最強のヒーローであるセントリーはオズボーンに操られています。これは勝てません。
終いには、アスガルドが崩壊してしまう始末です。
ロキたんは今までの行いを反省し、セントリーを倒すアイテム「ノルンの石」をアベンジャーズに与えますが、

shiloki

爆死!

その後、セントリーは自我を取り戻し、わざとソーに向かって倒されるのでした。
「シージ」完!

で、ロキたんは?

アメコミにおいて、ヒーローが生き返る方法は数多くあります。
「新たなパワーが与えられた」「次元を超えて帰ってきた」「死んだのは偽物だった」などですね。
ロキたんの場合は「地球人の少年に転生した」でした!

tensei

そもそも、ソー自身が「地球人に転生した医師、ドナルド・ブレイク」でしたからね。
これはアリです。
少年ロキたんは、ソーに保護され、記憶や能力が一部復活しました。
しかも、ひねくれる前なので、性格は優しく素直です。
基本的に、兄上ラブ。すげーラブ。兄上も甘やかしすぎですよ。
こうして、キッド・ロキは新生アスガルドで、青春の日々を送るのでありました。
ここらへんのストーリーは『ジャーニー・イントゥ・ミステリー』誌にあります。

さて、そちらの連載も大団円を迎え、ついにロキたんは新チームに合流します。
新生『ヤング・アベンジャーズ』誌です!

ya

……天使じゃねーか!

というわけで、みんなで『ヤング・アベンジャーズ』誌を読もうぜというステマでした。
終わり!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://amecobot.blog.fc2.com/tb.php/25-b5d84ae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。