アメコブログ

アメ子botに関する、様々な忘備録です。レポートとか、イラストなど。駄文注意!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん。心の骨が折れる音を聞いたことがあるでしょうか?

私は、先日聞きました。
ええ、なかなかニブく、渋い音でしたよ。

きっかけは、『Avengers vs. X-Men』誌です。

AVXHC_covCHEUNG.jpg

2012年、マーベルの大イベントです。
「X-MENとアベンジャーズが戦うよー」という、判りやすい内容です。
ヒーローが二手に分かれて戦うというと、かの『シビルウォー』を思い出しますが……、

もっと、大雑把です。
戦う、戦う、パワーアップする、戦う、戦う、戦う、戦う!
あと、両陣営の間を右往左往するウルヴァリンさんが可愛いですね。

最高です!

格闘ゲームみたいな内容ですが、実際格ゲーです。
本編とは別に、『Avengers vs. X-Men:Vs.』誌というものもありまして、
「じゃあ、実際にやったらどっちが強いの?」をホントにやってます。

comics_avengers_vs_xmen_versus.jpg

マグニートー対アイアンマン!
シング対コロッサス!
ソー対エマ・フロスト!
以下多数!

超楽しい。

そして、ついに出たのが、ハードカバー版『Avengers vs. X-Men』!

2728136-dsc02169.jpg

鈍器ですね。

だって、収録内容がすごいのですよ。

『Avengers vs. X-Men』の0~12号。
『Point One (AVX story)』誌。
『AVX: VS』の1~6号。
『Avengers vs. X-Men: Infinite』の1、6、10号。
そして、電子書籍版をダウンロードできるデジタルコード!

定価 75ドル!(日本のアマゾンだと6000円強)
しかし、買って悔いなし! だって面白いから! 超面白いから!

で……、
「じゃあ、タイインもハードカバーで全部欲しいなあ……」
と、私は思ってしまったのです。

タイインとは、日本語訳すると「抱き合わせ」。
大イベントと並行して、他誌も同じストーリーを追いかけるわけです。
これこそ、アメコミ最大の魅力(かつ、お金がいくらあっても足りなくなる理由)であります。

さて、私は次々と出版されるタイインのハードカバーを買って行きました。

まずは『Avengers』誌、タイイン!

a4.jpg

そして、『New Avengers』誌、タイイン!

na4.jpg

まだある。『Wolverine & The X-Men』誌、2冊!

ua.jpg

終わらない! 『Uncanny X-Men』誌、これも2冊!

ux.jpg

ここまで、全部ハードカバー版です。
買いました。ええ、買いましたよ。大満足です♪

さて、残りは『Avengers Academy』『Secret Avengers』誌。
あ、『X-Men Legacy』もあるのか。そして真打『AvX: Consequences』誌!
私は、余裕の体で、日本アマゾンの予約開始を待っていたのであります。

ところが、ここで不穏な気配を感じます。
『AvX: Consequences』が、ペーパーバックのみで、ハードカバーの予約をしないのです。

「いや、ここまでハードカバーで出版したんだから、全部のタイインでやるんじゃないの?」
私は、ここにきてようやく、北米の情報を当たったのであります。

そして、みつけてしまいました。
『Avengers vs. X-Men Companion』誌です。

Companion.jpg

その収録内容を見て、私は目を疑いました。
以下、羅列します。

『Avengers Academy』誌 29~33号
『Secret Avengers』誌 26~28号
『Avengers』誌 25~30号
『New Avengers』誌 24~30号
『X-Men Legacy』誌 266~270号
『Wolverine & The X-Men』誌 9~16、18号
『AVX: Consequences』誌 1~5号
『Uncanny X-Men』誌 11~20号
『A-Babies VS. X-Babies』誌 1号

全タイインじゃねえか!
この1冊で、全部入り? しかし、何度読んでもそうとしか思えません。
グリヒルさんが描いたことで話題になった『ベイビース』まで収録されています。

この一冊で、完全版です
定価 99,99ドル!(日本のアマゾンだと9000円強)

心の骨が折れました。
ああ……。
私が集めてきたハードカバーって、何だったのでしょう?
苦労して、収集する必要なんてなかったのですよ。
たった1冊、別に買えばよいだけ……。

立ち直れねえ……。

考えを切り替えたのは、一晩寝てからです。
「とりあえず『ベイビーズ』はリーフで所有している……」
昨年は、グリヒル先生のサイン会がありましたからね。ちゃんと保存しています。
「それなら、残りを全部ハードカバーで集めれば、とりあえずは同じじゃないか!」

そして、調査の結果わかったことが、以下の様な感じです。

『Avengers Academy』誌のハード-カバーはすでに出ているが、「AvX」以外の話も収録されている。
『X-Men Legacy』誌は、ペーパーバックでしか発売されない。
『Avengers vs. X-Men: Consequences』誌も、ペーパーバックでしか発売されない。

みなさん。心が複雑骨折する音を聞いたことがあるでしょうか?

……いや、中身はどう買ったって一緒ですよね。ええ、同じですよ。
でも、ハードカバーで揃えたかったなあ。
日本人には評判の悪いハードカバーですが、私は好きです。
ただでさえ、紙質でとやかく言われるアメコミですもの。
やっぱりハードカバーだと、格好がつきます。

それに、タイインを揃えておきながら、規格があわないというのも気持ち悪い
イライラします。このイライラを、ずっと本棚に入れておかねばならないのです。
やりきれません。

何はともあれ、たった数分のリサーチを怠った結果です。
アメコミは1万円1万5000円の愛蔵版を出版するという常識を忘れていた、私の責任です。

だから、お願いです。
もし皆さんが「『AvX』が欲しいなー。タイインも全部欲しいな-」などと考えた場合、

買うべき本は2冊で充分です!

ハードカバー版の『Avengers vs. X-Men』
そして、ハードカバーのタイイン集『Avengers vs. X-Men Companion』です。

せめて、私の失敗を糧にして、アメコミライフを楽しんでください。
もっとも、1万円のマンガをお買い得などと思っている時点で、人間として終わっているとは思いますけどね♪

あと誰か、心の接骨院の紹介をお願いします。



スポンサーサイト
コメント

アメ子さん、はじめまして。
『Avengers vs. X-Men Companion』は5月発売なので、早く読めた分、分冊で買った価値があったと考えてはいかがでしょうか。時間はプライスレスです。
あと分厚いハードカバーは、読む時に気を遣って
ちょっと面倒だったりしますよ。腕も疲れるし。
うっかり足に落とした日には、心ではなく本当の接骨院に行くはめになったり……しないか(笑)。
2013/02/02(土) 15:12:21 | URL | 名無し #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://amecobot.blog.fc2.com/tb.php/44-851932a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。